受託委員会

活動内容

当委員会は、県協会の平成23年4月に一般社団法人化、同年7月に「経営革新支援機関」の認定に合わせて、県協会の事業受託の窓口として、平成24年度に発足しました。

当委員会の役割は、受託事業の調整、会員への業務委託、新規受託事業の発掘、受託事業の成果の品質担保、関連する仕組みつくりなどです。

受託事業の内容は、ひろしま産業振興機構・広島県信用保証協会・広島商工会議所などの公的機関との連携や直接受託による民間事業者への専門家派遣、診断・助言報告書の作成、大学との連携事業などを推進しております。

会員が持てる力を存分に発揮して、地域の事業者・産業の発展に貢献できますよう、公的機関の深堀、民間機関とのNWの強化、県協会一体でのPR活動の強化などに取り組んでまいります。

メンバー

合計5名の先生方です。

委員長 岸本実
西部地区担当 副委員長 田村善光
委員 児玉忠則
東部地区担当 副委員長 田辺稔
委員 幸野昌賢