平成29年 第1回セミナー【ランチェスター戦略に基づく経営戦略の立て方】

小さな市場で一番を取る「弱者の戦略」


「ランチェスター経営」とは?

「ランチェスターの法則」は、第1次世界大戦当時、戦闘時の力関係を考察する中で導きだされました。

大きく分けて「第1法則:弱者の戦略」「第2法則:強者の戦略」の2種類がありますが、これを企業経営に応用するのが「ランチェスター経営」です。

 

トップ以外はみんな「弱者」!

ある分野で1位の企業に対して、2位以下が同じ戦い方をしていては勝ち目がありません。つまり、世の中のほとんどの企業にとって必要なのは「弱者の戦略」なのです。

本セミナーでは、ランチェスター戦略の基本を学ぶとともに、グループワークを通して事例企業の経営戦略の策定を実践します。

 

開催概要

日時 平成29年 9月16日(土) 13:30~16:30(開場・受付13:00~)
 会場 広島市中区千田町3丁目7-47
広島県情報プラザ2F 第3研修室
講師

株式会社オフィス総合研究所 代表取締役所長

中小企業診断士 西原 州康にしはら くにやす

受講料 【一般】3,000円 【診断協会会員】無料

参加ご希望の会員の方は、下の申込フォームからお申込みいただくか、一般社団法人 広島県中小企業診断協会(jsmeca34@sunny.ocn.ne.jp)宛に参加希望のメールをご送信ください。

※本申込書でご提供いただきました個人情報につきましては、「当協会事業」の目的のみに使用します。

メモ: * は入力必須項目です

ダウンロード
平成29年度 第1回セミナー
ランチェスター戦略に基づく経営戦略の立て方
170916ランチェスター戦略セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 781.6 KB