ISO研究会

活動目的

  1. ISOの認証取得を目指す企業、または認証取得したが経営業績に有効に機能していない企業のコンサルタントに生かせるスキルを身につける。
  2. ISO規格要求事項の理解度のアップ

代表

栗山 琢次

連絡先

担当者:栗山 琢次

電話番号:082-894-1202

Email:kuriyama-ta@gol.com

会員数

5名(H31年1月現在)

入会条件会費等

  • 研究会の活動趣旨に賛同し、積極的かつ継続的に参加できる方
  • ISOシステムを活用した経営支援に興味がある方
  • 年会費:無料

活動概要

・定例会合(日時〔曜日〕・場所)   通常は土曜日 10:00~12:00 

・活動の頻度 : 2か月に一度、  場所 : 広島県中小企業診断協会 会議室

① ISO規格のO2015年版について

・2015年9月15日に、より実態に沿ったマネジメントを運用するため9001をはじめとしたISOの規格改定が行われた。この改定で、従来

 のマニュアル重視から、より実態に沿ったマネジメントの運用が求められることになった。これにより、ISO2008年度版を取得して 

 いる事業者は3年間の間に移行審査を受けることが必要となった。当研究会へは、外部審査機関から認証取得済み企業の新規格への対応

 及びレベルアップ支援を、診断協会を通じて要請されている。

② これまでの活動内容

・H19年9月発足の当研究会は、ISO9001,14001規格の勉強会からスタートしエステサロン認証審査を行った。

・H23は不適合の是正処置としての「なぜなぜ分析」のテキスト、カリキュラム作りと教育・研修会を実施した。

・H25は介護・福祉分野企業へのレベルアップ支援、認証取得支援のためのマニュアル他モデル文書作成した。

・H27、H28、H29は、2015版の規格の勉強及び、共通の事例をベースにして、メンバーで2015年版への移行教育用マニュアルを作成、 

 審査機関と連携して、ISO2008年版から2015年版マニュアル、文書に切り替える作業をすすめ、2社の新規格への認証

 移行を支援した。

・H30年は、経営改善に主眼を置いた2015年版導入マニュアルづくりに取り組んだ。

③ 今後の活動予定

・西日本豪雨災害に伴う官民挙げての対応のなかで、緊急事態、異常事態へ備えてBCP(事業継続計画)、リスクアセスメントなどの必要性

 が高まっておりISO-2015年版で取り上げている“リスク及び機会への取組”を深掘りし、業種、プロセス横断的な進め方マニュアル、具

 体的で活用しや様式の提案、事例集を作成,活用する。

④ 活動のねらい

・小規模企業でも最低限予測し事前対応しておくべきリスクに焦点を当てる。本格的なリスクアセスメントでなく実践に基づいた泥臭い

 支援ノウハウをまとめる。

入会を希望される皆様へ

  • ISO規格をもとに、事業計画の策定からPDCAサイクルを回し続けられる仕組みづくりの支援をするためのノウハウを研究しています。
  • グループ員の意見で自由にテーマを決め、診断士としての力量アップを図っている。テーマに興味のある方の気軽な参加期待しています。