建設業研究会

活動目的

 変革が求められる建設関連企業に対し、有益な経営支援に直結するコンサルティング理論の展開や具体的な実践手法を、グループメンバーで研究・模索する

代表

柳川 治久

連絡先

担当者:柳川 治久(研究会事務局)

電話番号:080-1904-6492

Email:tonmanana@box.email.ne.jp

会員数

6名(H31年1月現在)

入会条件会費等

  • 研究会の活動趣旨に賛同し、積極的かつ継続的に参加できる方
  • 年会費:0円

活動概要

定例会合

日程 2ヶ月に1回程度
場所 広島市内他

活動内容

① H30年度活動実績 

テーマ 中小建設関連企業の生産性向上や担い手確保など、幅広い経営課題の改善につながる支援の模索検討
目標 メンバーのサンプル事例を参考検討にして、自身の経営支援の実践の場で役に立つ「建設業研究会の推奨するコンサルティングノウハウ」や「自分のコンサルティングノウハウ」の構築を目指す。
内容

①生産性向上や担い手確保の手法の習得と、その実施に関する問題点や課題の検討  

②時間をかけてサンプル事例を発表してもらい、その有益性や問題点をグループで討議する

③研究会メンバーでチームをつくり、メンバーそれぞれの長所を活かし、複眼で多角的に経営支援する手法を検討 

② H31年度活動予定

テーマ 災害復旧の土木工事や都市部の建築工事等建設需要の高まりが見える中、依然として経営環境が厳しいとされる地元に密着した建築系工務店経営者に対し、如何にして受注拡大を図ってゆけばよいのか模索検討したい。
目標

若手経営者や後継者が実際に経営に携わる際に役に立つ、有益な情報や手法を取りまとめ、それを提供できる実際の経

営支援の場を設定したい。

内容

①メンバーのコンサル業務の精度向上やクライアントの満足を繋がる有益な情報を密に交換してゆく  

②テーマを細分化し、メンバーに担当部分を取りまとめる形で成果物を作成する。

③意欲のある若手経営者や後継者を発掘し、経営者同士の情報交換による自発的な経営改革も支援フォローしてゆきたい。

入会を希望される皆様へ

・現メンバーは多様で、建設業に詳しい会員から今まで縁の薄い会員まで、幅広く在籍しています。お気軽に研究会事務局にご一報下さ 

 い。

・建設関連の経営支援に興味のある方・他産業と建設関連企業の連携などを検討されている方など、幅広い方々のご参加をお待ちしてお

 ります。