海外展開支援研究会

活動目的

日本の中小企業が海外展開を行う際、予期せぬ多くの問題に直面し、撤退を余儀なくされるケースも少なくない。異文化を克服し、現地で永続的な経営を続けるためには、場当たり的な対応から脱却し、確固たる考え方を持って課題に取り組んでいくことが肝要である。この研究会では、様々なケースを調査・分析、助言のためのベースデータを構築し、実際の企業活動のサポートに繋げることを目的とする。

代表

平見 尚隆

連絡先

担当者:平見 尚隆

電話番号:082-424-4313

Email:nhirami733@gmail.com

会員数

3 名( H29年 6月現在)

入会条件会費等

  • 中小企業の海外展開に興味を持っておられる方
  • 活動費は必要に応じて実費負担

活動概要

中小企業の海外展開は、1980 年代後半から増加しつつあったが、バブルの崩壊により低迷、90 年代後半には円高を背景に再び増加、その後リーマンショックで再度減少の傾向を示した。近年は大企業の積極的な海外進出に伴い、増加傾向にある。このように、中小企業の海外展開は社会や経済情勢に大きく影響を受ける。また、中小企業が海外展開を行うまでの道のりは決して平坦ではなく、海外展開後も様々な課題が存在すると聞く。

 

 本研究会ではこのような、社会の波の中で海外展開をする中小企業の実態を調査し、どのような支援活動を行っていけばよいかという視点から研究活動を行う。例えば、中小企業診断士が学ぶ理論による助言や支援が実際の海外展開に際して効果的なのかといった視点で理論を再検討する。その上で、診断士としての最適な支援を模索する。対象は特にアジア、中南米といった昨今日本企業の海外展開が盛んになっている新興国に的を絞った活動とする。

 

 以上の方針に従い、平成27年度は中小企業診断協会の調査・研究事業に「海外展開を行う中小企業のための実践的マニュアルの研究・開発」というテーマで応募、採択され、約半年にわたり調査研究活動を行った。昨年、報告書という形にまとめ、広島県中小企業診断協会の全会員、及び全国各都道府県の診断協会へ配布(全部で約220冊)、内容に関してのアンケートを実施した。いくつかの課題は指摘されながらも、概ね好評であった。その後、本件を論文にまとめ中小企業診断協会主催のシンポジウムへ応募(平成28年11月)、論文発表を行った。光栄にもこの論文で中小企業診断協会の会長賞を頂いた。

[本年度の活動計画]

 活動としては、月に1回程度集まり議論を行っている。場所は、広島大学東広島キャンパスのVenture Business Lab (VBL)。    

入会を希望される皆様へ

会合は不定期に行っております。興味を持たれた方は、事前に上記連絡先までお問い合わせください。