販路開拓研究会

活動目的

 事業計画の目標達成に向けて、多くの中小企業の隘路となっている販路開拓を、効率的、効果的に支援するノウハウを研究しています。県外ネットワークの構築も図っています。

代表

川上 正人

連絡先

担当者:川上正人  株式会社流通プランニング研究所内

電話番号:082-263-1153

Email:info@dpl.gr.jp

会員数

7名(R1年5月現在)

入会条件会費等

  • 販路開拓支援の方法を共に考えて頂ける方
  • 会員1名以上の推薦が得られ、入会されるメリットが認められる方           
  • 年会費:なし

活動概要

事業目的と取り組み概要

販路開拓研究会は、標準化が難しいとされる支援手法について、調査研究を行うために設立された。会員の中小企業診断士が、新たな視野に立った診断・助言を行い、先進的な診断・助言の専門家として知識を共有し、企業や地域の発展に寄与できるよう、平成20年発足以来、以下の事業に取り組んでいる。

研究テーマ

販路開拓支援の領域が広がってきた。

例会での情報交換をもとに、多様な知見を得てスキルアップに努めたい。

 

 【実施項目】

①販路開拓支援に関する調査研究

 効率的、効果的に販路開拓を支援するためのノウハウを構築する。過去の支援事例に基づいて、効果的な支援のあり方を研究する。

 

②販路開拓の支援

 昨年度から取り組んでいる製造業、小売業の販路開拓支援を引続き行う。会員のアドバイスをもとに、支援手法の内容充実につとめ

 る。

実施予定

取り組み内容は、これまでと同じく「研究会例会」「広島県協会への出稿」とする。

  1. 研究会例会 (3回開催)
    多忙な会員が多いため、日程調整がつかない場合は、メール例会とする。
    本年度、8月、12月、3月に、懇親会を伴うコミュニケーションの場を増やす。
  2. 協会機関紙への出稿
    年2回協会の発行する「診断ひろしま」に対し、依頼があった場合、出稿する。

入会を希望される皆様へ

恐れ入りますが、業務多忙のため本年度は新規会員の募集は行いません。