資金繰り表研究会

活動目的

 多くの企業様に「精度の高い資金繰り表」の導入・継続作成・管理する事を促し、資金繰りの安定・業績を上げる支援を行う。

代表

大村 貞之

連絡先

担当者:大村 貞之

電話番号:084-939-5523

Email:syo88@iaa.itkeeper.ne.jp

会員数

15名(R2年12月末現在)

入会条件会費等

  • 研究会の活動趣旨に賛同して頂ける方。
  • 無料

活動概要

 企業様が精度の高い資金繰り表を、①導入する事。②継続して作成する事。③効果的に管理する事。について、セミナーや個別企業支援を通じて支援し、企業様の業績アップに貢献する。

 

R2年度活動予定・実績

 

①資金繰り表の作成方法等研究成果のホームページ公開(公開中)

 

(資金繰り表の作り方、資金繰り表とは・メリット、ルールの確立、作成手順等、当研究会の

 

研究成果を公開する事で、資金繰りで困っておられる企業様に貢献する。)

 

②資金繰り表操作説明資料の完成(完成)

 

③セミナー開催(会員研修会にて「緊急支援の第1歩は資金繰り表の作成から」開催R2.8.22

 

         一定の評価を得た)

 

④「日繰り表」のフォーム・統一ルール・マニュアルの作成(フォーム・統一ルールは完成)

 

⑤個別企業様支援(面談支援に加え、オンライン支援の充実等)(未達成)

 

⑥資金繰り表の効果的活用により、長期的にキャッシュフローの向上を図る手順の追及。(未達成)

 

R3年度活動予定

 

①セミナー開催(金融機関等、中小企業支援機関向けセミナーの確立)

 

②「日繰り表」のマニュアルの作成

 

③個別企業様支援(面談支援に加え、オンライン支援の充実等)

④資金繰り表の効果的活用により、長期的にキャッシュフローの向上を図る手順の追及。

入会を希望される皆様へ

  • 平成29年4月よりスタートの研究会です。
  • 平成29年6月より、随時、開催中です。

公開資料について(補足説明)

「資金繰り表フォーマット」を更新しましたので、ご活用願います。

資金繰り表エクセルフォーマットを更新し、再度公開しました。(R元年12/25

 

・このフォームは月次資金繰り表で、収支計画・売掛等入金・買掛等支出・製造経費・販売管理費・財務収支と連動しています。比較的早く簡単に作成できるよう工夫しています。計画の隣に実績を入力できるので、予実管理もできます。資金繰り表のひな型として、ご活用頂きたいです。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により、資金繰りで困っておられる企業様に向け、以下の研究成果を公開しています。(R24/16

 

①資金繰り表の作り方

 

・資金繰り表の作り方の操作説明資料の一部を抜粋したパワーポイントです。動画になっていますので、スライドショーを実行して頂くと操作方法が分かりやすいと思います。

 

②資金繰り表とは、資金繰り表のメリット

 

・資金繰り表とは何か、そのメリットは何かをまとめています。{借入の際だけ金融機関に提出するのではなく、継続的に実績管理・再作成する事で、長期的に見てキャッシュフローの向上(付加価値の向上・業績の向上)が図れます。}

 

③資金繰り表のルールの確立

 

・資金繰り表は、見方は簡単だが作成するのは意外と難しいと言われる人がありますが、それは、ルールが様々で確率されていない事が一因です。根拠あるルールを示しています。

 

④資金繰り表の作成手順

・当研究会の資金繰り表フォームでの作成手順を示しています。必要なものが揃っていれば、早ければ1時間で作成できます。

 

ダウンロード
資金繰り表フォーマット 白紙Ver.1.0.xlsx
Microsoft Excel 211.8 KB
ダウンロード
資金繰り表の作り方 (操作説明動画一部抜粋)020316.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 2.3 MB
ダウンロード
資金繰り表とは 資金繰り表のメリット020316.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 90.6 KB
ダウンロード
資金繰り表のルールの確立 (マニュアルの一部抜粋)020316.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 114.8 KB
ダウンロード
資金繰り表の作成手順 (マニュアルの一部抜粋)020316.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 105.7 KB